WのCD棚

PUNKからEMO等のCDの整理を兼ねて、自分なりの感想をのっけていきたいと思います。
独りよがりなブログですが、コメント気軽に入れてってください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
SPITTING KISSES
Spitting Kisses
Spitting Kisses
Comeback My Daughters

2004 COMEBACK MY DAUGHTERS

僕が思うに、日本でもっともTHE GET UP KIDSの匂いがするバンド。
その1ST。
日本のエモ界において、ベクトルは異なるもののOCEANLANEと双頭をなし、非常に爽やかで柔らかい音楽を聴かせてくれる。

もともとEPを聴いたことがあって、その時点で興味のあるバンドだった。それが、かのHi-STANDARDHAWAIIAN6を輩出した、PIZZA OF DEATHから1STを出すということで、一気に有名になるだろうことは予想され、悲喜が複雑に入り混じった気分になった。ちょうどあまり有名じゃないアーティストがメジャーデビューしてしまって、自分だけのお気にじゃなくなってしまう、そんな感じ。

しかし、パフォーマンスとプロモートは格段に進歩していた。

冒頭で書いたようにTHE GET UP KIDSの匂いがするアルバムだ。
マイナーコードを多用した、爽やかでありながらどこか切ないメロディ。ツインギターにキーボードがいいスパイスになってる演奏隊。半拍、間を空けて入るヴォーカルライン。少し甲高くどこかヘタウマな感じを思わせるヴォーカル。声からして、きっとかわいい感じの人かと思いきや、MATTをはじめてみたときのような、ちょっとした驚きを感じさせてくれたメンバー。
まだ、エモ系の音にほとんど触れていなかった時期、初期GUKを聴いたときに感じたさまざまな雰囲気を、また味わうことが出来た。

エフェクトがかったヴォーカルから入る1曲目、アルバムタイトルにもなってるSPITTING KISSES。ちょっと暗めのメロディではあるが、キラキラギターにPOPなキーボード、軽やかなハイハット。彼らの世界に引きずり込む先発隊としての役割は十二分に果たせている。
そこから、POPな2曲目、BITE ME。サビの後半のメロディの下り具合は、これぞエモ!な、いかにも!な感じで、胸を打つ。

TGUKというよりは、コーラスの掛け合い方が、PROMISE RING LIKEな4曲目、GET BACK。軽い疾走感に、ピロピロキーボードが心地よい、6曲目FWR。一瞬、TGUKTEN MINUTESが始まったかと思わせるようなドラミングが印象的な7曲目、URANUS BREAK DOWN
牧歌的で、どこかSTARMARKETを思わせる10曲目、CHEMICAL AGE

淡いピンク色のをバックに、かわいい犬の絵を施したジャケットに負けない爽やかさを誇るアルバム。
色々なエモのかなり大御所なバンドを例に挙げたが、決して2番煎じではなく、これからもこのスタンスを貫き通して欲しいバンドである。



| えすいち | C | 22:20 | comments(3) | trackbacks(0) |
PERFECT PITCH BLACK
Perfect Pitch Black
Perfect Pitch Black

2005 CAVE IN

今日届きました。今聴いてます。
うーん、なんと言えばいいいのでしょう。
CAVE INはそもそもNEW SCHOOL好きが嵌る、カオティックでありながらもメロディ重視ってバンドだったはず。
それが、メジャーデビューした前作「ANTENNA」前々作「JUPITER」で、毛色の違うROCKを聴かせてくれた。
それがいいか悪いかは誰にもわからないと思う。バンドのメンバー自身はちょっとマイナスに捕らえてるっぽいところがあるけど、あれはあれで傑作だと思う。メジャーでは認めてもらえなかったのかもしれないけど。でも、あのアジアンテイストなメロディは結構新鮮だった。
で、今作。
こないだ発売されたばかり。
絶叫するCAVE INが帰ってきただのといううたい文句につられたものの、中身は、初期のころのようなスクリームを上手く利用した、JUPITERのようなROCKアルバムだった。それを新境地といってよいのだろうか?
僕は、初期のはもちろん、ここ近作も嫌いではなかった。
では、今作はいかがなものか?
聞き込んでいない、ホントただの一聴した感想だが、もうちょっとスピード感が欲しかった。もし、僕がANTENNAに続く作品ということで、周りの前評判を聞いていなければ、きっとかなりはまったアルバムだったろうと思う。
しかし、ただ(といういい方はおかしいかもしれないが)、スクリームを織り込んだだけで、「帰ってきた」とか「完全復活」というのはおかしいかもしれない。
いや、かっこいいですよ。
お勧めは、うねるようなグルーヴ全開の4曲目、TREPANINNG。スクリーム中心にSTEVEN BRODSKYの軽やかな、それでいてねちっこいヴォーカルが絡み、ダンサブルなテンションとともに流れていく、今までには想像もつかない楽曲。
はっきりいって、前2作好きな人は全然問題ないと思うよ。
でも、ここ2作品聴いて、CAVE IN終わったなーって思う人は、あまり期待しすぎないほうがいいと思う。確かに、前作、前々作とは違う作品になってるけど、初期のころの作品とも全く違うから。
でも、CAVE INがどうこうでなく、純粋にひとつの作品として聴いたら、正直めちゃめちゃかっこいい!
ただ改めて、気がつけばCAVE INの名前がとてつもなく大きくなっていたんだなぁっていうことを実感するのであった。
今までCAVE IN聴いたことない人なら、むしろこのアルバムから入るのも面白いかも。
| えすいち | C | 21:58 | comments(2) | trackbacks(2) |
LOST AT SEA
Lost at Sea
Lost at Sea
Craig¥'s Brother

2001 CRAIG'S BROTHER

「1ST(HOMECOMING)がメロディック好きに大好評だったCRAIG'S BROTHERの2NDアルバム。1STよりも疾走感は薄れたものの、その分音に深みが増した傑作。1STの音を想像してた人には、少し物足りないという意見もちらほらあるが、一聴しただけで耳に残る切ないメロディは健在しており、さらに疾走感を補って余りある壮大な展開が、はじめからラストまで繰り広げられる。

若干、荒々しかった演奏もかなり安定し、いろいろなアレンジもくわえられた最高のROCKアルバムといえよう。
特に、繰り返される美しいメロディに、コーラスから弦楽器までが絡んでくる、6曲目、Back & Forthは必聴!! 」

って文章をAmazonのカスタマーレビューからパクってきちゃった。つっても、このレビュー、オレが書いたやつだからいいよね?
というわけで、BACK & FORTHお勧めです。
| えすいち | C | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

このページの先頭へ