WのCD棚

PUNKからEMO等のCDの整理を兼ねて、自分なりの感想をのっけていきたいと思います。
独りよがりなブログですが、コメント気軽に入れてってください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
LOUDER NOW
ラウダー・ナウ(初回限定盤)
ラウダー・ナウ(初回限定盤)

2006 TAKING BACK SUNDAY

前作同様、非常にかっこいい音を聴かせてくれる、新生TAKING BACK SUNDAYになってから2枚目のフルアルバム。実際は3枚目だけど。
スクリーモから始まった彼らのキャリアだが、これはもう最高のROCKアルバム。
うねるベースにラウドなギター、EMOTIONALほとばしるヴォーカル、甘いコーラス、そしてそれらが極キャッチーなメロディとともに一つにまとまる。非常にかっこいい。

1曲目、WHAT'S IT FEL LIKE TO BE A GHOST?のイントロ、要するにこのアルバムのイントロにいきなり緊張感張り詰めたようなギターリフを持ってきている。そして、それに呼応するようにリズム隊が絡み、一気に本編に突入していく。導入としては完璧すぎる。
2曲目、LIAR。1曲目から流れ込むようにして始まるこの曲は、Aメロのメロディの甘く切ないこと。そしてサビの熱く切ないこと。絡み合うヴォーカルがその良さを何倍にも引き立たせている。
3曲目、MAKE DAMN SURE。この作品の代表曲の一つであろう。程よい疾走感のある前半、感情ぶちまけながらゆっくり歌い上げるサビ。しかし、この曲は展開が素晴らしい。日本人は結構好きな展開だと思うが、サビのあとに2ビートに乗せた別のメロディをはさんで、もう一度サビへと持っていくところなんて、思わずゾクゾクっとしてしまう。
5曲目、MY BLUE HEAVEN。一度曲が終わったかと思わせといて、ラストに一気に畳み掛けてくる展開がやばすぎる。もう、たまらない。
6曲目、このアルバムで一番好きなTWENTY-TWENTY SURGERY。物悲しいAメロ、疾走感で一気の展開をはかるBメロ、POPなサビ、そこまででも、十分お気に入りのレベルにはあるのに、最後にとっておきのメロディを隠し持っていたなんて。疾走感たっぷりにザクザク刻む、この、おまけなのかそれともホントのサビなのかわからないフレーズに完全にやられた。
他にも、疾走感たっぷりの7曲目、SPINや、逆にアコギでしっとり聴かせる8曲目、DIVINE INTERVENTION、切なさ全開の9曲目、MIAMIなど、全てにおいて、名曲揃い。

全てに通ずるのは、メロディと展開の素晴らしさ、これに尽きる。
BLEED AMERICANJIMMY EAT WORLDや初期THE STEREO好きは間違いなく必聴。ギターの重さからいけばFOO FIGHTERS好きとかもいけるかも。



| えすいち | T | 22:37 | comments(1) | trackbacks(1) |
ALWAYS LEAVE THE GROUND
Always Leave the Ground
Always Leave the Ground

2004 THIS DAY & AGE

おおう、AMAZONに画像がない。
しかも、AMAZONでのレビューの評価、めっちゃ低い。酷評されまくり。

でも、僕はこのアルバムは好き。
まぁ、溢れてる音っていえば確かにそうなのかもしれないけど、メロディはすごいいいと思う。すごく聴きやすくて、キャッチー。
PVやジャケにも見られる、ナードな4人組が織り成す、バンドサウンドにピアノもフューチャーしたさわやかなエモメロ。

LONG SINCE FORGOTTENとかと比べて、どっちがいいとかいうわけじゃないけど、彼らが好きな人はきっと気に入ると思う。

でも、このTHIS DAY & AGEのメロディは、3曲目HOURGLASSのように胸にくるものが多いけど、ED ROSEの手腕なのか、アルバム全体を通じては、すごくPOPなものに感じる。
人によっては、そこが物足りないのかもしれないけど。

彼らの代表曲とも言える5曲目SLIDESHOWは、ほのぼのROCKだけど、ラストのハモリのところは思わずグッと来てしまうし、6曲目HISTORY IS FALLING FOR SCIENCEは、始めの30秒でノックアウト。カッティングギターに綺麗なメロディ。MAETHIS TIME IS LAST TIMEをもっと爽やかにした感じで、僕は大好き。全体の展開もいい感じ。

他にも4曲目のSECOND PLACE VICTORYや8曲目WE ALWAYS REWIND THE BEST PARTなど、心温まるミディアムナンバーも収録されてるし、10曲目SEVEN EIGHTYのように、アメリカンロックな展開の、でもエモメロな結構かっこいい曲もある。

AMAZONのレビュー見ただけで、試聴もしてない人がいたら、とりあえず聴いてみたほうがいいと思う。
そんなに悪くないよ。
むしろ僕は大好きだよ。
好みは人それぞれだから。

僕が好きな曲を嫌いな人がいる。
巷で大絶賛の曲を聴いても、全くピンとこないこともある。
昔は「なんだよ、この曲。ダメじゃん」なんて思って隅っこで眠らせていたていたCDを、しばらくしてから聴きなおすと、ものすごく良かったりする。
でも、そのよさに気づかず、眠らせたままってことも多いだろう。
そうやって、眠り続ける音がいるってことはすごくもったいない。


| えすいち | T | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
TEEN BEAT
Teenbeat
Teenbeat

2000 TRAVOLTAS

夏休みも終わり、朝晩がだいぶ涼しくなり、海水浴場にはクラゲが多発し、台風14号も接近中の中、夏全快のこのアルバムを聴くのも、またオツだなと感じてます。
もろ、サーフパンクです。
ビーチでビーチバレーしながら聴くのにはうってつけ。決して、夜中に一人で部屋でクーラーかけながら、パソコンに向かって聴く音楽ではないです。
決してちょっ速ではないものの、ノリノリのつぼを押さえた展開は、ビーチボーイズしかり温故知新を感じさせます。
特にお勧めは、1曲目PRAY FOR SUN。これは、かっこいい。万人受けするね。
今流行のBENNIE Kに通ずるCRAP CRAP CRAP HANDS!(でも、BENNIE Kとは全く別もんのジャンルです)。
この曲かけてると、ビーチにちょっこーって気分になります。
他にも、夏の夕暮れを感じさせる曲もあったり、いわゆるオランダのTUBEみたいなもんなんでしょうか。
1月半ぶりに見かける通勤途中の学生に、休み明けの学校という悲哀の念を抱きながらも、心のどこかに「ざまぁみろ」と安堵感を感じてしまう根性の汚い僕は、学生のときに無駄に夏休みを過ごした経験のほうが多いという過去を心から後悔するのであった。
もし、あのころこんな音楽を聴いていたら、週2-3日はビーチに出ていただろうか?
そこまでは無いかもな。

| えすいち | T | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
WHERE YOU WANT TO BE
Where You Want to Be
Where You Want to Be

2004 TAKING BACK SUNDAY

THURSDAYに引きつけられるように、出てきたスクリーモの先駆者。といっても、僕はバカ売れしたTHURSDAYよりも、彼らのほうが何倍も好きだ。理由は、ひとつ。メロディ。
今作のメロディはホント素晴らしい。彼らの代名詞であった、スクリームは影を潜め(といっても感情はむき出しのヴォーカル)、歌に非常に重きを置いている。ヴォーカルの掛け合いや、曲の展開も最高である。

もう、1曲目SET PHASERS TO STUNの出だしの「SAY YES,SAY YES,SAY YES...」なんか思わず体が横ノリしてしまうし、3曲目A DECADE UNDER THE INFLUENCEは、前半の超POPな展開がラストにスクリームの応酬に変わっていくところがかなりかっこいい。

スカパーでは、4曲目のTHIS PHOTOGRAPH IS PROOFが流れてたけど、想像以上にメンバーが落ち着いてるというか、歳をくってそうというか、大人の渋みを感じた。きっと、僕より年下なんだろうけど(笑)

前半に、名曲ばかり揃えてあるので、後半が若干物足りない気もするが、全体通じては文句のない出来だと思った。ごちそう様♪。
| えすいち | T | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

このページの先頭へ