WのCD棚

PUNKからEMO等のCDの整理を兼ねて、自分なりの感想をのっけていきたいと思います。
独りよがりなブログですが、コメント気軽に入れてってください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
OCEAN AVENUE
Ocean Avenue
Ocean Avenue

2003 YELLOWCARD

CRAIGS BROTHERが今でこそ復活したものの、その昔LOST AT SEAという名作が廃盤になる、ならないの噂がたっていたころ、そのCRAIGS BROTHERのメンバーがいるバンドということで注目していたYELLOWCARD
気がつけば彼らもBIGになって、今じゃWARPED TOURのメインをつとめるほど。
その彼らの2NDフルアルバム。
その前に発売されたEPの荒さは無く、洗練されつくした感じ。彼らの特徴のひとつであるバイオリンが随所にちりばめられて、よいアクセントになっている。特に5曲目のLIFE OF A SALESMAN(すっげぇかっこいい)のイントロの小気味よいバイオリンの音は思わず体がのってしまうほど。でも、この曲のサビはホントBLINK-182っぽいよなぁ。
他にも、9曲目のVIEW FROM HEAVENは、バイオリンの良さを存分に生かしたカントリー調の曲でなかなか洒落てる。7曲目MILES APARTの出だしのドラムもすごくかっこいいし、8曲目のTWENTY THREEもノリノリのメロディックパンクでとてもかっこいい。
でも、6曲目のONLY ONEなどのバラードや、スローなテンポもあって、さすがメジャーから出してるだけあって、バラエティに富んでるのねって感じ。僕的には、もっとノリノリの曲ばっかりでも構わないんだけど、一般受けするためにはそうもいかないんだろうね。実際、スカパーで流れる彼らのPVは、ONLY ONEが一番多いし。
オフスプPRETTY FRYみたいなもんかな?
まぁ、そういった楽曲があってこそ、ノリノリの楽曲が映えるんだろうけどね。
あと、前半よりも後半にかっこいい曲がかたまってる気がするかな。まぁ、あくまで個人的に。

| えすいち | Y | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

このページの先頭へ