WのCD棚

PUNKからEMO等のCDの整理を兼ねて、自分なりの感想をのっけていきたいと思います。
独りよがりなブログですが、コメント気軽に入れてってください。
<< AN OFFER YOU CANT REFUSE | main | START HERE >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
Short Controlled Bursts
Short Controlled Bursts
Short Controlled Bursts

2005 THE FULLBLAST

NEW SCHOOL LIKEなメロディックハードコアで非常にかっこいい。
全体的には、高速メロディックなんだけど、随所にテンポを落として聴かせたり、ためをつくったりと展開も凝っている。

日本版の帯に「どこまでもアグレッシブに、どこまでも旋律的に、そしてどこまでも加速する−。」とあるが、なかなか的をえている。が、私的には、この作品は「加速」よりも「旋律的」のほうに重きをおいているんじゃないかと思う。NEW SCHOOLのような展開の複雑さ、絡み合う音の多さ、それらの一体感をクリーンヴォーカルで歌い上げる楽曲群は、新しいメロディックハードコアの形なのかもしれない。

しかし、それらも良いメロディがあってのことなのだが、ことメロディに関しては非常にキャッチーで聴きやすい。
2曲目STU ROSS,GOOD DUDE;GREAT DUDEのサビは、初期の頃の荒々しさで今のEMOTIONALなメロディを歌うNO USE FOR A NAMEを彷彿させる。

そして、このアルバムのポイントになっているのは、4曲目のPART1と10曲目PART2に分かれて収録されている、THE SONG THAT (ACTUALLY) DOESN'T ENDである。
2分弱の超キャッチーなメロディで畳み掛けるショートチューンのPART1に対し、8分弱の複雑な展開てんこ盛りで聴かせまくるPART2。
8曲目JAMES EATS PLANET,LOVES PCPの終了後にフェードインしてくるPART1のフレーズから、一気にPART2に流れ込む展開は非常にかっこよく、しかもそのまま高速で始まるPART2に感動すら覚える。
複雑に流れた時間を元に戻すように繰り返しながらフェードアウトするギターリフも音は荒いのだが、心落ち着ける。

| えすいち | F | 22:52 | comments(1) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:52 | - | - |
またまた記事と無関係だけれど、
えすいちさん久々ですね。
待ってました(笑)

私も最近は他のことに時間を奪われて、
(気持ちの何処かで
優先順位が変わってしまったのもあるけれど)
えすいちさんや、ブログで出逢った人の記事は
いつも注目しているので、
またマイペースに音楽レビューや
その時々の感情を表現してくださいね。

なんとなく、
そう伝えたくてコメントしました。
| まりこくん | 2006/04/10 7:42 PM |










http://wadanda.jugem.jp/trackback/119
NO USE FOR NAME LIVE IN JAPAN 2006
はじめまして。小島コーヒーといいます。サイトに 『 NO USE FOR NAME 』 が見受けられたのでトラックバックさせていただきました。
| 小島コーヒーブログ | 2006/10/02 4:16 AM |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

このページの先頭へ