WのCD棚

PUNKからEMO等のCDの整理を兼ねて、自分なりの感想をのっけていきたいと思います。
独りよがりなブログですが、コメント気軽に入れてってください。
<< Short Controlled Bursts | main | R.I.P >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
START HERE
Start Here
Start Here

2002 GLORIA RECORD

浮遊感漂う、この手の音楽が好きな人にはたまらない1枚。EX-MINERALの余韻を感じさせながら、ELLIOTTのような都会感をかもしだしている。ヴォーカルは霞がかっているようで、まるで一つの楽器のよう。
テンポは決して速くないのに、リズミカルにうねるドラミングに呼応するかのように、ギターとともに絡んでいく。
展開は複雑で、1曲の中で決して飽きさせはしないが、メロディーはキャッチーで、万人受けしてもいいくらいのクオリティを誇っている。

3曲目のCINEMA AIRでは、ピアノを従えて、トム・ヨークまではいかないものの、RADIOHEADを髣髴させるシンプルでありながらも深い奥行きを感じさせる楽曲を聴かせてくれる。
4曲目のI WAS BORN IN OMAHAはキャッチーなギター弾き語りの曲で、珠玉のメロディーに包まれている。胸を締め付けられるAメロに涙し、引っ張って引っ張ってやっとむかえたサビに感情を揺さぶられ、気がつけばこの数分の間に外界の全てを忘れて自己の世界に没頭していた。

個人的には、似たようなジャンルでいけばメロディがキャッチーな分だけELIOTTよりも好きかもしれない。MINERALよりも好きかもしれない。


| えすいち | G | 23:57 | comments(3) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:57 | - | - |
これは本当にエモやポストロック系でも
最高な作品の一つですよね。
もっともっと一般的にもポピュラーに
知名度を広げたいくらい、
nirvanaやradioheadのように、
これも何年経っても残り続ける音楽だと思うし、
まだ洋楽を聴いたこと無い人にも聴かせたいですね。

そしてエモを残していくと...(笑)
| まりこくん | 2006/04/16 8:58 AM |

これはホント残り続けるべき音だと思いますね。
数十年後、その頃はやっている曲の前には、このような曲があったんだとアピールできる作品だと思います。

柔らかいながらも、いつまでも色褪せない、この時というものを力強く表現した傑作ですよね。

エモという表現は消えることはあったとしても、耳に残ったこの楽曲たちは僕らの中から消えることは無いですよね。
出会えたことに感謝です(笑)。
| えすいち | 2006/04/16 10:59 PM |

今ちょうどグロリアレコードの記事書いてました。そしたらえすいちさんもグロリアレコードの記事書いてて、ちょっとびっくりです。 
最近このバンド聞き始めたので、このアルバムはまだ持ってないけどグロリアレコード好きです。そのうちこれもほしいですね。
| たつや | 2006/04/24 12:18 PM |










http://wadanda.jugem.jp/trackback/120
The Gloria Record Lull in Traffic
Gloria Record 4月はやはり色々と忙しいですね。なかなか更新できませんでした。またCDを買ったから久しぶりに記事にしようと思います。 「The Gloria Record 」というバンドは最高のエモバンドのMINERALが解散した後にボーカルとベースが組んだバンドです
| BLUE SKY ON HOLIDAYS | 2006/04/24 12:11 PM |
waking ashland - i am for you
waking ashland - i am for you waking ashlandを人気バンドに押し上げた名曲。 この曲でピアノエモにはまった人は果たしてどれだけいるだろう。 現在のピアノ+エモバンドたちのきっかけを作ったバンドといっても間違いではないだろう。 個人的には、アル
| エモパンクストリート | 2006/10/19 7:06 PM |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

このページの先頭へ