WのCD棚

PUNKからEMO等のCDの整理を兼ねて、自分なりの感想をのっけていきたいと思います。
独りよがりなブログですが、コメント気軽に入れてってください。
<< R.I.P | main | WOLVES IN WOLVES' CLOTHING >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
CLARITY
Clarity
Clarity

1999 JIMMY EAT WORLD

ROCK化する前のJIMMY EAT WORLD。(最近またこの切なげ、爽やか路線に戻りつつある気がするが。)
独特の雰囲気にずば抜けたメロディ。
激しくもやさしく、曲によって、展開によって、このアルバムは何色もの「色」を魅せてくれる。

2曲目、誰もがその素晴らしさを認めるLUCKY DEMBER MINT。爽やかの一言では済ますことの出来ない蒼さが胸を打つ。
4曲目、BELIEVE IN WHAT YOU WANT。荒々しいカッティングギターで始まるROCKな曲かと思いきや、サビは教会での賛美歌を思わせるような美しすぎるコーラス。
6曲目のCRUSHは、次作のBLEED AMERICANへの布石を思わせるような、疾走感が心地よいROCK。しかし、メロディはこのアルバムにマッチした、何処かしら切なさのつまったものになっている。
8曲目、TEN。印象的なドラミングにあわせて、少しもの悲しいメロディが淡々と流れる。やがて、徐々にテンポアップしていく。心揺さぶられる。
そして、12曲目、CLARITY
イントロから胸打つギターリフが炸裂。
小気味よいドラミングにのせ曲は流れる。
突然、感情を爆発させる。
始めてこの曲を聴いたときの衝撃を忘れない。
この曲は、LUCKY DEMBER MINTのように綺麗な美しい曲ではない。しかし、この曲があるから、綺麗な曲が映える。アルバムタイトルになっているこの曲が代表曲ではないかもしれない。でも、僕はこの曲が大好きだ。

わずか1枚のアルバムの中に色々な、そして全てが鮮やかな「」を詰め込んでくれた名作に感謝。



| えすいち | J | 19:13 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:13 | - | - |
ちわっ!(笑)

やっぱりJEWでは、この作品がイチバンですね。
これを初めて聴いたキッカケは、
エモに嵌り始めたからだけれど、
そんなの抜きにして凄く良い雰囲気で、
私もすぐに気に入りました。

もう気付けば5年以上も経ってるというのが、
何だか不思議なような少し寂しいような、
でも聴くたびに新鮮さは保たれて良いんですけどね(笑)

最近はまた過去に戻りつつ、
良い音楽を改めて聴き直したりしているので、
他にも未来に残すべき名盤を物色中です。
| まりこくん | 2006/04/29 2:33 AM |

どもっ!(笑)

JEWはBLEEDもかなり好きなんですが、こいつだけは別格ですね。

そうそう、僕発売年を記載してるんだけど、かなりショック受けたりするんですよね。
CLASHなんて、同じ歳ですから(爆)

| えすいち | 2006/05/01 8:34 PM |

再び、ちわっす(笑)

その後、いかがお過ごしでしょうか?

少しずつ夏が近付いてきて、
もう既にバテ気味な私ですが、
何となくコメントしてます。

いつの間にか時間も流れるばかりで、
ゆったりとしたい時には、この作品が良いですね。
| まりこくん | 2006/06/03 11:18 PM |










http://wadanda.jugem.jp/trackback/122
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

このページの先頭へ