WのCD棚

PUNKからEMO等のCDの整理を兼ねて、自分なりの感想をのっけていきたいと思います。
独りよがりなブログですが、コメント気軽に入れてってください。
<< CLARITY | main | SO LONG ASTRIA >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
WOLVES IN WOLVES' CLOTHING
Wolves in Wolves Clothing
Wolves in Wolves Clothing

2006 NOFX

久々に初見の衝動で書いてみよう。
NOFXは大好きだ。しかし、僕の中でピークはWHITE TRASH…からPUNK IN…だった。その後の作品も好きだけど、やはりあの2作のように自分の中で、この曲がずば抜けて好きという曲が見当たらなかったからかもしれない。好みかもしれないが、それはいうなればLORI MEYERSTHE BAGのように、マイナーなメロディの曲が無かったからということかもしれない。

しかし、今作はいつものNOFX節に加えて、15曲目YOU WILL LOSE FAITHや2曲目USA-HOLESなどであの頃を髣髴させるようなメロディーを聴かせてくれるし、名曲BOBSTICKIN' IN MY EYESを掛け合わせたような4曲目WE MARCH TO BEAT OF INDIFFERENT DRUMみたいな曲もある。
LINOLIUMを髣髴させるカッティングギターの炸裂する11曲目WOLVWS IN WOLVES' CLOTHINGなんて、めちゃめちゃかっこいい。

あくまで初期衝動だが、最近の作品の中では、かなり気に入っている。
相変わらずバラエティに富んでいる。
しかし全てがNOFXを主張していて、やはり唯一無二の存在であることを再認識させられる一枚。

でも、日本で×××を歌ってる10曲目COOL AND UNUSUAL PUNISHMENTのイントロとアウトロの日本語のセリフはひどいなぁ(笑)。
始めは、「ごめんなさいでしょ」っていきなり言われて、何を謝らなきゃいけないんだろう?って思ってたんだけど、ラストのセリフ聞いたら、そりゃ謝らなきゃいけないよなーと思わず笑ってしまった。ここには書けないけど(笑)。
ちなみにこの曲、何かのメロディに似てるよなーってずっと考えてたんだけど、ようやく気付いた。
BAKUピーターパン…。
「いつものじかんにあらわれるー♪ いつものかおしてあらわれるー♪ じゆうにまちをとびまわるー♪ ぼくのすがたがみえるかーい♪」
この曲知ってる人ってもう少ないんだろうなぁ…。



| えすいち | N | 21:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:12 | - | - |









http://wadanda.jugem.jp/trackback/123
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

このページの先頭へ