WのCD棚

PUNKからEMO等のCDの整理を兼ねて、自分なりの感想をのっけていきたいと思います。
独りよがりなブログですが、コメント気軽に入れてってください。
<< SO LONG ASTRIA | main | THE RISING TIDE >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
LOUDER NOW
ラウダー・ナウ(初回限定盤)
ラウダー・ナウ(初回限定盤)

2006 TAKING BACK SUNDAY

前作同様、非常にかっこいい音を聴かせてくれる、新生TAKING BACK SUNDAYになってから2枚目のフルアルバム。実際は3枚目だけど。
スクリーモから始まった彼らのキャリアだが、これはもう最高のROCKアルバム。
うねるベースにラウドなギター、EMOTIONALほとばしるヴォーカル、甘いコーラス、そしてそれらが極キャッチーなメロディとともに一つにまとまる。非常にかっこいい。

1曲目、WHAT'S IT FEL LIKE TO BE A GHOST?のイントロ、要するにこのアルバムのイントロにいきなり緊張感張り詰めたようなギターリフを持ってきている。そして、それに呼応するようにリズム隊が絡み、一気に本編に突入していく。導入としては完璧すぎる。
2曲目、LIAR。1曲目から流れ込むようにして始まるこの曲は、Aメロのメロディの甘く切ないこと。そしてサビの熱く切ないこと。絡み合うヴォーカルがその良さを何倍にも引き立たせている。
3曲目、MAKE DAMN SURE。この作品の代表曲の一つであろう。程よい疾走感のある前半、感情ぶちまけながらゆっくり歌い上げるサビ。しかし、この曲は展開が素晴らしい。日本人は結構好きな展開だと思うが、サビのあとに2ビートに乗せた別のメロディをはさんで、もう一度サビへと持っていくところなんて、思わずゾクゾクっとしてしまう。
5曲目、MY BLUE HEAVEN。一度曲が終わったかと思わせといて、ラストに一気に畳み掛けてくる展開がやばすぎる。もう、たまらない。
6曲目、このアルバムで一番好きなTWENTY-TWENTY SURGERY。物悲しいAメロ、疾走感で一気の展開をはかるBメロ、POPなサビ、そこまででも、十分お気に入りのレベルにはあるのに、最後にとっておきのメロディを隠し持っていたなんて。疾走感たっぷりにザクザク刻む、この、おまけなのかそれともホントのサビなのかわからないフレーズに完全にやられた。
他にも、疾走感たっぷりの7曲目、SPINや、逆にアコギでしっとり聴かせる8曲目、DIVINE INTERVENTION、切なさ全開の9曲目、MIAMIなど、全てにおいて、名曲揃い。

全てに通ずるのは、メロディと展開の素晴らしさ、これに尽きる。
BLEED AMERICANJIMMY EAT WORLDや初期THE STEREO好きは間違いなく必聴。ギターの重さからいけばFOO FIGHTERS好きとかもいけるかも。



| えすいち | T | 22:37 | comments(1) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:37 | - | - |
待ってました(笑)

けど、このアルバムはまだ持ってないんですよ〜。
またチェックしてみよう!!
| まりこくん | 2006/08/03 12:30 AM |










http://wadanda.jugem.jp/trackback/125
Taking Back Sunday 3rdアルバム
Taking Back Sunday "Louder Now" サマソニに出演するTaking Back Sundayの 最新アルバムです。 前の2作に比べて、少し音が分厚くなって、 Rock色が更に強まった感じです。 これまでの作品も、曲の完成度は高く、いい曲が多かったので、 今度のアルバムの評価はそれぞ
| Heavy_Gloom_Relax | 2006/08/08 11:37 PM |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

このページの先頭へ