WのCD棚

PUNKからEMO等のCDの整理を兼ねて、自分なりの感想をのっけていきたいと思います。
独りよがりなブログですが、コメント気軽に入れてってください。
<< LOUDER NOW | main | BAND GEEK MAFIA >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
THE RISING TIDE
The Rising Tide
The Rising Tide

2000 SUNNY DAY REAL ESTATE

軽がると使う言葉ではないのかもしれないが、神々しい。
この張り詰めた感覚はなんなのだろう?
突き抜けるヴォーカル、単音で響きながら幾重にも重なり合う弦楽器達、テクニカルなリズム隊。その全てが一つに融合したとき、このような音になるのだろうか?
しかし、正直初めて聴いたときはさほど衝撃を受けたという感じではなかった。無意識に何度もループしていくうちに(基本的に同じアルバムをループするのは苦手なのだが、これは気がつけば幾度にもループしていた)、完全に刻みこまれていた。

4曲目DISAPPEAR
夏の午後、さっきまでの晴天が嘘のように辺りが暗くなり、遠くから雷の音が近づいてきた。一気に降りだすのではない。徐々に、小粒の雨が路面をぬらし、熱を奪い去る。
このままあがるのかと思いきや、雨粒は大きくなっていく。物足りなさそうにしていた木々に恵みの雨をもたらす。どしゃ降りではない。ほどよくほどよく全てのものに潤いを与えていく。
この曲を聴いて、そんな風景が思い浮かんだ。

3曲目RAIN SONG
これは、SUNNY DAY REAL ESTATE版、「あめあめ ふれふれ かあさんがー」なのかもしれない。4曲目のDISAPPEARとは違う温かみに溢れている。さまざまな弦楽器の織り成す不思議なハーモニーは、まさに「ぴちぴち ちゃぷちゃぷ らんらんらん」だと思う。
偉大なる母の愛に包まれている。

他の曲も全体的にスローで暗めな楽曲が多い。
しかし、ただ暗いだけではない。上手く説明できないけど、慈愛に満ち溢れている感じがする。
部屋で、独りで、キャンドル灯しながら、アルコール片手に聴いた日にはTRIPしてしまいそう。
| えすいち | S | 16:41 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:41 | - | - |
早速聞いてみます!
| THUNDER | 2006/08/27 9:49 PM |

thunderさん>
thanks!!
でも、かなり暗めで重めだよ?

こんなの聴いたりするんだ?
| えすいち | 2006/08/27 10:06 PM |

お久しぶりです。俺もこれ持ってます。
結構有名みたいなので買いましたが・・・
うーーん俺には合わなかったみたい↓
最後まで聞いたことないです。ちょっとレベルが高すぎたかな
| たつや | 2007/03/21 12:13 AM |










http://wadanda.jugem.jp/trackback/126
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

このページの先頭へ