WのCD棚

PUNKからEMO等のCDの整理を兼ねて、自分なりの感想をのっけていきたいと思います。
独りよがりなブログですが、コメント気軽に入れてってください。
<< THE RISING TIDE | main | A Fever You Can't Sweat Out >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
BAND GEEK MAFIA
The Band Geek Mafia
The Band Geek Mafia

1998 VOODOO GLOW SKULLS

スカコア全盛期だった頃の思い出の一枚。
しかし、VOODOO GLOW SKULLSはスカコアというよりも、スカのエッセンスを加えたハードコアだと思う。まぁ、それをスカコアというのかもしれないが。
とはいえ、このアルバムはPOPで聴きやすく、今聴いても古臭くなく(個人的に懐かしさはぬぐえないが)彼らの作品のなかでも一番好きな作品だ。

4曲目、THEY ALWAYS COME BACK。相変わらずホーン隊が歌いまくってる。どちらかというと、ヴォーカルがアクセント的な役目を果たしている。メロディアスとか、キャッチーとかそういう言葉はにあわないかもしれないけど、インパクト十分な傑作だと思う。

6曲目、YO NO TENGO TIEMPO。かなりハーコーな曲。キャッチーかつシンプルなコード進行で一気に畳み掛けるこの曲は、このアルバムの中でも異彩をはなっている。しかも、ホーン隊はお休み中で、ヴォーカルの声がなければ彼らの曲だとは思えないかもしれない。でも、個人的にはかなり好きな曲。

9曲目、BRODIE JOHNSON WEEKEND。スリリングなんだけどどこかポップなきたきたー的ホーンが襲い掛かってくるかなりかっこいい曲。ドライブ中に聴いたら、かなり前の車あおっちゃいそう。途中の息抜きっぽいセリフみたいなくだりも渋い。

10曲目、DELIQUENT SONG。このアルバムのなかで一番好き。ウキウキするようなホーンから、一気にハードなイントロへ。しかし、Aメロからはヴォーカルとホーンが共存共栄。どちらが主役でも脇役でもない。絶妙なバランスを保ちながら、楽曲は進んでいく。かっこいい。

スカコアというと、夏にピッタリのノリノリな曲ってひとくくりしちゃいそうだけど、彼らのこのアルバムは、一年中いつ聴いてもOK!だと思う。
でも、このDEATHじゃないけどどこか吐き捨ててる感じのするこのヴォーカルは、DEATHMETALやMETALCOREとも通じるものがある気がする。

| えすいち | V | 20:36 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 20:36 | - | - |









http://wadanda.jugem.jp/trackback/128
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/02/02 3:59 AM |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

このページの先頭へ