WのCD棚

PUNKからEMO等のCDの整理を兼ねて、自分なりの感想をのっけていきたいと思います。
独りよがりなブログですが、コメント気軽に入れてってください。
<< City of Evil | main | Slowly Going the Way of the Buffalo >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
10YEARS
10years
10years

JUGEMテーマ:音楽


2007 HAWAIIAN 6

HAWAIIAN 6のLIVE DVD。

通常であれば、一つのライブを1枚のDVDに収めるところだが、これは逆に1曲1曲全てを違う会場で撮影したものを、一つのDVDとしている。
一度でも、彼らのライブに足を運んだものであれば、「もしかしたら、自分が見に行った会場の映像があるかも…」との期待感を持たせてくれる。
しかし、私の場合あいにくそれには漏れてしまったが、見に行った時期・ツアーにかぶるものがあり、熱くなったのは変わりない。

1つのライブをノンストップでDVD化したものではないため、ライブ版の面白みの一つである、曲のつながり…「こういう風にきたかぁ!!!」とかいう感動は味わえない。
おまけに、映像・音もスタジオ収録みたいに良くはない。
しかし、それは当然である。
彼らはライブバンドだからだ。

これを見て、音が悪い、映像が悪いという人は、彼らの映像を、時にはスペシャで、時にはP2Pで掻き集めたりはしなかっただろう。
ラストのFLOWERの映像は、P2Pでかなり極悪画像で出回っていたものと同類と思われるが、それがかなりクリアになっており、かなり感動した。

ライブにCDと同じ演奏を聴きにいくのではない。
演者の想いを受け取りにいくから、ライブに行く。
CDの再現を求めているのであれば、CDを聴けばいいのだ。
しかし、それだけでは伝わらない何かを受け取りにライブに行くのだ。
少なくともこのDVDには、彼らの何かが詰まっているような気がする。
(受け取り方は人それぞれだろうが)

私は彼らを2000年にFANTASYというEPで知った。
Tさんという知人に教えてもらった。
それから、既に7年経った。
Tさんとは既に音信普通だが、このDVDを見たとき、HAWAIIAN6の10年間とともに、私の7年間も走馬灯まではいかなくとも脳裏を駆け巡った。

人の10年は、「あぁ、もう10年経ったんだね」と簡単にいってしまう。
でも、自分の10年はそんな一言では表せないと思う。
そんな想いで作った彼らの10年の集大成。

自分の恥ずかしくも懐かしい誰にも言えない過去を脳内にあけっぴろげにさせられた。






| えすいち | H | 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:36 | - | - |









http://wadanda.jugem.jp/trackback/132
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

このページの先頭へ