WのCD棚

PUNKからEMO等のCDの整理を兼ねて、自分なりの感想をのっけていきたいと思います。
独りよがりなブログですが、コメント気軽に入れてってください。
<< HELLO,GOOD FRIEND | main | PROMISES FOR THE IMPERFECT >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
PERFECT PITCH BLACK
Perfect Pitch Black
Perfect Pitch Black

2005 CAVE IN

今日届きました。今聴いてます。
うーん、なんと言えばいいいのでしょう。
CAVE INはそもそもNEW SCHOOL好きが嵌る、カオティックでありながらもメロディ重視ってバンドだったはず。
それが、メジャーデビューした前作「ANTENNA」前々作「JUPITER」で、毛色の違うROCKを聴かせてくれた。
それがいいか悪いかは誰にもわからないと思う。バンドのメンバー自身はちょっとマイナスに捕らえてるっぽいところがあるけど、あれはあれで傑作だと思う。メジャーでは認めてもらえなかったのかもしれないけど。でも、あのアジアンテイストなメロディは結構新鮮だった。
で、今作。
こないだ発売されたばかり。
絶叫するCAVE INが帰ってきただのといううたい文句につられたものの、中身は、初期のころのようなスクリームを上手く利用した、JUPITERのようなROCKアルバムだった。それを新境地といってよいのだろうか?
僕は、初期のはもちろん、ここ近作も嫌いではなかった。
では、今作はいかがなものか?
聞き込んでいない、ホントただの一聴した感想だが、もうちょっとスピード感が欲しかった。もし、僕がANTENNAに続く作品ということで、周りの前評判を聞いていなければ、きっとかなりはまったアルバムだったろうと思う。
しかし、ただ(といういい方はおかしいかもしれないが)、スクリームを織り込んだだけで、「帰ってきた」とか「完全復活」というのはおかしいかもしれない。
いや、かっこいいですよ。
お勧めは、うねるようなグルーヴ全開の4曲目、TREPANINNG。スクリーム中心にSTEVEN BRODSKYの軽やかな、それでいてねちっこいヴォーカルが絡み、ダンサブルなテンションとともに流れていく、今までには想像もつかない楽曲。
はっきりいって、前2作好きな人は全然問題ないと思うよ。
でも、ここ2作品聴いて、CAVE IN終わったなーって思う人は、あまり期待しすぎないほうがいいと思う。確かに、前作、前々作とは違う作品になってるけど、初期のころの作品とも全く違うから。
でも、CAVE INがどうこうでなく、純粋にひとつの作品として聴いたら、正直めちゃめちゃかっこいい!
ただ改めて、気がつけばCAVE INの名前がとてつもなく大きくなっていたんだなぁっていうことを実感するのであった。
今までCAVE IN聴いたことない人なら、むしろこのアルバムから入るのも面白いかも。
| えすいち | C | 21:58 | comments(2) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:58 | - | - |
TBさせていただきありがとうございました。
>気がつけばCAVE INの名前がとてつもなく大きくなっていたんだなぁ
わたしも同感です。彼らが呪縛?から解放されて、遣りたいことができるようになって、解散しなくて良かったです(^^)
今後もよろしくお願いします。
| moon | 2005/09/24 10:59 PM |

いえいえ、こちらこそ。
CIにTBが2つも付いちゃって、ここから広がるなんてホントびっくり。
しかし、彼らはホント天才というかなんと言うか、かっこいい人達ですよね。STEVEN BRODSKYのソロなんて半端じゃないですもんね。ホントにCIの人?なんて思っちゃいましたもん。
そっちもいいけど、ホント解散しなくてよかったですよね。
| えすいち | 2005/09/25 11:36 PM |










http://wadanda.jugem.jp/trackback/43
おかえりなさ〜い! / Perfect Pitch Black / CaveIn
考えてみたら、今年ってわたしが激pushしてるバンドの中で、Dishwalla、Mew、30STM、Cave In、がCDリリース。大変な記念すべき年なのだわ〜。 で、Cave In。 一時は解散説も流れ、いつも話題はサ
| falling to pieces 〜うっとり金魚 | 2005/09/23 11:27 PM |
CAVE IN
パーフェクト・ピッチ・ブラック ケイヴ・イン メジャーレーベルRCAと袂を分け古巣HYDRA HEADへ戻っての新作。 アメリカ版RADIOHEADになりえるとまで評された彼らだが 前作ANTENNAは思うように数字が伸びずレーベルとの関係も悪化してしまう。 その間の鬱屈
| 01blues Records | 2005/09/24 1:43 PM |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

このページの先頭へ