WのCD棚

PUNKからEMO等のCDの整理を兼ねて、自分なりの感想をのっけていきたいと思います。
独りよがりなブログですが、コメント気軽に入れてってください。
<< SNUG | main | HOUSTON:WE HAVE A DRINKING POBLEM >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ガキの使い
昨日、ダウンタウンのガキの使いやあらへんでのSPがあった。
笑ってはいけない高校。
罰ゲーム恒例の笑ってはいけないシリーズ。

今回も笑わせてもらった。

笑ってはいけないという制限をつけられるだけで、いつもよりも笑いに敏感になるのは何故だろう。

この罰ゲームの原案は、オープニングネタのひとつ、図書館でサイレントシリーズではないだろうか。騒いではいけない図書館で、デコピン、熱々おでん等の罰ゲームをくらっても声をあげてはいけない、というやつだ。
静まり返った図書館で、声をあげさせようとするもの、我慢するものがいる。罰ゲーム自体もおもしろいから、思わず吹き出してしまう。しかし、そこは閑静な図書館。笑い声も我慢しなければならない。

この罰ゲームも、理不尽に笑ってはいけないという決まりを設け、浜ちゃんが徹底的に笑わそうと数々のトラップを仕掛ける。
こうなると、何気ないことが面白い。
トラップよりも、罰ゲームを受ける、松ちゃん、ココリコ、山ちゃんの何気ない一言が面白い。
「俺、この罰ゲーム合わない」
田中の言った一言。
普通の感想なのに、この状況においては一番面白かった。

制限というものが、それを破る快感を生む。
廊下を走ってはいけません。
だから走ってしまうのだ。
| えすいち | TV | 22:59 | comments(2) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:59 | - | - |
これ私は見逃してしまったけれど、
ガキの使いで、凄く笑ったのは、
たぶん笑ってはいけないシリーズの一つ(?)の、
怪しい旅館に宿泊して、肝試しみたいな感覚もありながら、
次々と誰かに驚かされたり、変なことをしたりして、
メンバーが必死に笑いをこらえてるやつです。

日本のお笑いで、
私的にはダウンタウンとさんまさんだけは別格に面白いです。
最近のコンビものとかは余り詳しくないけれど、
彼らを超える人は今は居ないよな〜と勝手に思ってます。
| まりこくん | 2005/10/06 10:26 PM |

そうですよ〜。
笑ってはいけない旅館は、過去2回の舞台でした。前回の湯河原よりも、第一回の方が新鮮さもあって爆笑でした。
まりこくんが見たのは、どっちでしょう?
ダイナマイト四国といって、わかれば2回目、わからなければ1回目です。

僕も、ダウンタウンは大好きで、松ちゃんのボケにいつも感服しちゃいますが、浜ちゃんのつっこみが大好きで、日常生活でも、どっちかというとつっこみ派に属してます。
ボケあってのつっこみってイメージが強いけど、つっこみがあってこそボケが生きるということを教えてもらいました。

さんまさんも、たけしさんも大好きです。
今の若手も結構好きですが、やはりあの方々は今でも斬新で常に新しい笑いを見せてくれますよね。
ほんと、すごいと思います。

| えすいち | 2005/10/07 10:39 PM |










http://wadanda.jugem.jp/trackback/61
Like A Virgin
10月4日「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」(日本テレビ) 「笑ってはいけないハイスクール」 恒例の罰ゲーム 「笑ってはいけない」シリーズの最新作。 DVD化は確実。
| 群青色した日々の記録とテレビを通して夢見る気分 | 2005/10/06 8:28 PM |
ユーチューブ ガキの使い 動画
ユーチューブのガキの使い 動画をみちゃぉ♪ 「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」はもうお馴染みですよね 松本人志 浜田雅功( ダウンタウン )のバラエティ番組
| ユーチューブ動画FAN | 2007/02/02 3:59 AM |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

このページの先頭へ